カウンセラーは公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会に認定された臨床心理士資格、国家資格である公認心理師資格を取得しています。 
臨床心理学にもとづく知識や技術を用いて、人間の“こころ”の問題にアプローチする“心の専門家”です。

【代表】古山あかり

千葉県出身。 東北大学大学院終了(教育学修士)。
大学院ではブリーフセラピーを基盤に学ぶ。 研究テーマは家族心理学、コミュニケーション研究、葛藤解決。 家族療法や短期療法を中心としたカウンセリングを行なっている。

【取得資格】
 2013年:臨床心理士 2019年:公認心理師 取得
【経歴】
2012年よりカウンセラーとしての仕事を始める。川崎市や福島県、千葉県、東京都等、また私立大学でカウンセラーとして教育現場でのカウンセリングを行う。年間の相談回数は平均1000件程度で主に不登校、発達障害、家族関係、引きこもりなどを中心に多くの相談を受け、問題の解消に勤めてきた。2018年より神奈川県緊急対策支援チームのスーパーバイザーに就任。 また不妊治療で治療に取り組む方々へのカウンセリングを行なったり、司法関係の意見書作成等多岐にわたる活動をしている。
 2019年に私設のカウンセリングルーム「Hanacel Counseling & Therapy」を開室。
2020年にHanacel合同会社を設立。

個人向けのカウンセリングやセラピーを行いながら、セミナーや企業向け研修を行っている。
また俳優、音楽家、ダンサー、芸術家、アーティスト、パーフォーマー、アスリートのパフォーマンス改善・向上を目的としたメンタルケアに力を注いでいる。

【主に行う心理療法】 ブリーフセラピー, 家族療法, Brain Spotting (Phase1〜3,Master Therapist受講) USPT (ベーシックトレーニング受講) 臨床動作法(初級コース受講)

【所属団体】 日本臨床心理士会   日本ブリーフセラピー協会

PAGE TOP