about

Hanacel Counseling Labのカウンセリングについて

よくあるご質問についてお答えしています

Q.Hanacel Counseling Labってどんなことをするの?​

そもそも人に相談ごとをしたり頼ったりすることが苦手な方であれば、そう思う傾向はより強いかもしれません。けれど、一人で日々を生き抜くって結構辛いのです。当カウンセリングルームでは、とりあえず今の悩み話して頭を整理したいという方はもちろん、長い間抱えていたお悩みやトラウマを根本的かつ迅速な解消ができるような専門的なカウンセリングをご提供します。必要に応じて心理検査を行うこともございます。

Q.専門家ってどんな資格を持っているの?​

世の中に「カウンセラー」と称し、カウンセリングを行なっている方はたくさんおります。しかし、カウンセラーと名乗るための資格は特に規定されておらず、「今日から私はカウンセラーだ」と言えば、誰でもなれてしまうのです。その危険性はお察しいただけると思います。
当カウンセリングルームの代表は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会に認定された臨床心理士資格、そして国家資格である公認心理師資格を取得しています。科学的な知見から臨床心理学にもとづく知識や技術を用いて、人間の“こころ”の問題にアプローチする“心の専門家”です。詳細はこちら

Q.具体的にどのようなサービスがあるのでしょうか?

当カウンセリングルームはオンラインに特化したサービスを提供しています。
サービスの内容は以下の通りです。
・オンライン(ビデオ)カウンセリング
・対面カウンセリング
・専門家相談

ご希望であれば対面カウンセリングもお受けできますのでメールにてご相談ください。

詳細は各サービスをご確認ください。詳細はこちら

Q.薬を処方してくれる?​

こちらは臨床心理士および公認心理師によるカウンセリングのため、保険適用ならびに処方箋をお出しすることはできません。
カウンセリングの中で医療機関での診察が必要であると判断された際にはこちらから医療機関をいくつかご紹介いたします。
また服薬だけでなくカウンセリングを同時並行することでより効果的な変化が期待されます。

Q.医療機関にかかっているけどカウンセリングだけ受けられる?

ご利用いただけます。必ず事前に主治医に「外部でカウンセリングを受けたい」という旨をお伝えください。現在、公認心理師法第42条第2項により、精神科・心療内科に通院中の方のカウンセリングの実施には「医師の指示」が必要です。通院中の方は、事前に主治医の先生にご相談していただき、外部カウンセリングを受けることの許可を得てください。また入院中の方のお申し込みも同様に、まずは主治医の先生にご相談し、「医師の指示書」をご用意いただければと思います。

Q.秘密は絶対守ってもらえる?​

悩み事や困りごとにはクライエントの方の周りに知られたくないことがたくさんあります。臨床心理士ならびに公認心理師の職業倫理としての守秘義務がありますので、一切の他言はいたしません(例外がありますので詳細はプライバシーポリシーをご確認ください。)
なおオンラインカウンセリングはZOOMを使用いたします。

PAGE TOP